ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS チャレンジ。

<<   作成日時 : 2008/04/07 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

明日から子供たちは学校が始まります。

二人とも最終学年、あれをやっておけばよかったと
後で後悔しないように有意義な1年を送ってほしいです。

まあ、大抵の事は何度でも、思いついたとき始めても
やり直せるのですが、若いときしか出来ない事も
あるので、その辺は頑張って欲しいなあと思います。

さて、やり直すといえば、伊達公子さんが
37歳でテニスプレーヤーとして現役復帰。

少し前にグラフとの夢の再戦をした
伊達さんですが、そのたった1度の試合のために
半年前からトレーニングを積んで
試合に臨んだそうです。

現役時代以上のメニューをこなして
まだまだやれると思ったのでしょうか?
若い選手の刺激になればというのもあって
まずは全日本選手権に挑戦されるそうです。

何よりもテニスをしている時の彼女の笑顔は、
10年以上現役を離れていたからこそ
すごく「テニスを楽しんでいる!」という
気がします。

伊達さんのライジングショット、
又見れると思うと楽しみです。

私は草テニスを楽しんでいるわけですが
そんな遊びのテニスでも、
それなりのプレッシャーがあって、
こうすればいいとわかっていても
体がこわばって動かないということがあり、
純粋に楽しめていないときもあります。

こういうのをゴルフのパターを打つ時に
体がこわばって打てなくなったり
プレーできない状態になるイップスという
状況に似ているそうです。

これは精神的ストレスから自律神経を乱す
状態なんだそうです。
どんなスポーツでもあるそうなんですが、
私の場合、メンタル面が本当に弱いと思います。

なんでも少し強気で行ったほうが
上手く行くのも頭ではわかっていますが
実際思うように行かないと悪循環に
陥ります。

こんなときは、小さな成功体験を
積み重ねることで徐々に解消することが
出来るそうです。

「いいボールを返す」ではなく、
ラケットに当たればOK「よしできた、その調子」
と自分を励ますというような小さなことを
積み重ねていけばメンタル的ストレスから
解消されていくのだそうです。

こういう時上級者と練習する機会があれば
けっこう上手くいくような気もします。

あまりにも加減されると、なんかよけいに
自分の下手さが感じられて駄目なんですが、
ラリーやボレーなどの練習の相手に
なってもらうと、こちらのへなちょこボールでも
上手く返してもらえるのでラリーが続いて
かなり練習させてもらえます。

そういう意味では教室も上級に行った
価値があるなあと最近は思えるようになってきました。

なので…私のテニスはあせらず、根気良く、
ぼちぼち行こうと思います。
小さなことから挑戦していくことも少しずつ。

-----------------------------------

     <今日の晩御飯>

画像


鯖の塩焼き・湯豆腐・なんきん煮物・
小松菜と人参と合びきミンチの炒め物・ごはん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆきよんさん、お早うさんです。
伊達さんのカムバックは楽しみですね。英語が不得手だったようで、インタビューのときの態度が外国人記者には評判が悪かったのですが、もう、国際舞台で活躍されることはない(と思います)から、心からテニスを楽しんでくれはったら、そして若手を刺激して育てることに頑張って欲しいと思います。ボクシングと違ってテニスの世界4位は凄いですもんね。
Linda
2008/04/08 06:57
Lindaさん。
そうですね。楽しんで欲しいです。11年ブランクのある伊達さんがまだトップに入れるようなら日本のレベルはまだまだですもんね。若手の刺激になればいいと思います。
ゆきよん
2008/04/08 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

チャレンジ。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる