ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ドクターG。

<<   作成日時 : 2011/08/12 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NHKで新感覚医療エンタメ!「総合診療医ドクターG」
っていうのを見た。

モデルとなる患者さんの訴える症状を
ドラマ仕立てにしてあり、それを
2年目の研修医4名が病名を診断するというもの。

ドラマでは、患者さんが訴える症状がいろいろあって、
いろんな病気が疑われる。

ヒントがドラマの中に色々あって、
そこから診断していくが、新たなヒントが
出ると、又違う病気が浮かび上がってきて、
なかなかぴったり診断できるということには
ならない。

病名が2転3転してしまうが、総合診療医の
ドクターGがさらに解説とヒントを与え、
最終的に正しい病名へと診断を導いていく。

なかなか面白いというか、興味深い内容だった。

今回は、「甲状腺機能低下症」という病気だったので
余計に興味深かったのですが、
私の「バセドウ氏病(甲状腺機能亢進症)」という病気に
なったとき、最初に行った町医者で、
なかなかこの病名に結びつかず、
心臓病とか、更年期障害とか疑わしい病気がいくつもあった
ことを思い出しました。

今の日本の医療は、高度先進医療が発達して
難しい病気から命を救う事が出来るようになって
それは素晴らしいことだと思うが、
このドクターG曰く、医療が診療科の専門性が
高くなりすぎて、患者の訴えに応えて総合的な診断を
下す事が難しくなっているそうです。

確かに、今病院へ行っても、パソコンの画面を向いて
患者の顔も見てるのか見てないのかわからない
ような医者が多いし、血液検査とかの数値だけで
診断してる感じですもんね。

まあ数字は確実な診断方法の一つだとは
思いますが、実際病気になったときの
症状や苦しさなどは人によっていろいろ
なので、ある程度は患者の方を向いて
病気を治していく気概のようなもの欲しいですね。

スペシャリストだけでなく、広い視野を持っている
医師がもっと必要になってくるし、医師不足を解消する為にも
そういうシステム作りが必要だといいます。

これから高齢化がもっと進んで、色んな症状を
訴える人に総合的な診断をする事は早く患者さんの
苦しみから救うことになるので絶対に必要では
ないだろうか…と思います。

丁寧に患者さんの声を聞き、
木目細やかな問診と身体診察のふたつが
診断の決め手になるそうです。

総合診療医は豊富な知識と経験が
必要だと思いますが、町のお医者さんが
みんなこのような総合診療医になってくれれば
大きな先進医療のできる病院と
タッグを組んで上手く回っていくと思います。

昔のお医者さんの方が、こういう総合診療って
普通にしていたように思うんですが、
医者になるのもお金持ちしかなれないシステム
だから、そこら辺から解消して欲しい気もします。


<バセドウ定期検査>
先日の検査、約2ヶ月ぶり。
前回、「放射線治療の選択肢もあるよ」と
言われたが、このまま投薬治療を続ける事に
したので、薬の量の確定まで増減しながら
様子を見ることになっていた。

甲状腺ホルモンを作り出すのが活発(FT3の数値)で、
それを押さえる為のメルカゾールを3錠、
それだけでは下がりすぎる(FT4の数値)を上げるため
チラージン1錠(0.050mg)でこの2ヶ月やってきたが
相変わらずバランスが悪いので、チラージンの量を(0.025mg)に
減らしてみる事になった。

単純にメルカゾールを減らせばいいと思いがちだが、
押さえる方を減らしただけでは具合が悪いらしい。
しっかり押さえながらちょっとホルモンを足すという
ややこしい事をしなければいけないらしい。

すべてが正常値になればその投薬量で落ち着き、
それを続ければいいのだが、私の場合、どれかが
正常になったら違う数値が上下してしまうので
まだまだ短期間での通院を続けなければいけないのです。

ストレスのない生活ができたらこんな病気も
いっぺんに治ってしまう気がするけど
私のストレスはまだまだ続くと思われるので
完治には程遠いなあ〜と途方にくれるのです・・・。

だから・・・私がアホみたいにテニスばっかりしてても
飲んだくれてても、ライブではじけてても
誰も止めないでね(笑)


長男が、ここの所風邪で高熱と下痢に苦しんで
家にいることが多かったので、
いろいろ喋ってたんですが、
私が「おかんはストレス多いからきっと呆けるで〜。
あ、でも呆ける前に死んでしまうから呆け老人
の面倒見なくてもいいで」
って言ったら、

長男「おかんが呆けてるとこ見てみたいから
生きときや。ご飯まだ食べてへんとか、夜中にテニス行かな!
とか言ってるとこ見てみたいわ」
と言った。

私「それで、そんなんなったらどうしてくれるん?」て言ったら、

長男「はいはい、ご飯食べや〜、テニス行っておいでや〜って
言ったるやん」
と言った。

何か、ちょっぴり嬉しかった。


---------------------------------------------

♪Tolking Lock FES@なんばHatch♪

昨日8/10(水)、ライブに行って来ました。
画像


出演者 The SALOVERS
     Killing Boy
     THE BACK HORN
ASIAN KUNG-FU GENERATION

画像


前回のアジカンのツアーが東北大震災の影響で
中止になったので久しぶりのアジカンライブ。

2階席だったのでとても快適に楽しめました。
1階のスタンディングエリアは若者でひしめき合って、
モッシュやダイブでえらい盛り上がりになってたけど
あんな中に入る元気は無いので2階から
高みの見物。なんばHatchは小さいので2階からも
すごく近くてよかったです。

4組ともとても熱い!ライブでした。
やっぱりバンドはいいね。
BASEの音がたまらん!!

セットリストはアジカンのみ載せておきましょ。

フラッシュバック
未来の破片
ソラニン
迷子犬と雨のビート
ブルートレイン
ループ&ループ
リライト
アンダースタンド
君という花

-アンコール-
Re:Re:
新世紀のラブソング

ライブリポートはTalking Rock!10月号に掲載されるので
それが出たら見てみよう。

Talking Rock!という音楽雑誌は大阪発。
取材から編集まで吉井さんという人が一人でやっているらしい。
中身の濃い、ミュージシャンの事をとても良く理解
している熱い人らしく、このようなイベントも開催されている。
これからも頑張ってほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
数年前の健康診断で甲状腺が悪いかもしれないので専門に診てもらうように言われたけど、行かずじまい今年の健康診断で何も言われなかったので、悪くなかったんだと思ってるけど…ストレスは貯めちゃぁいけませんねホ
ええ息子さんをお持ちで咐
笑顔がこぼれました咐~
ゆきよんを応援してます咢メ
いつも有難う咐~~~
リッチー
2011/08/17 23:53
リッチーさん。
今身体に症状が無いのならたぶん
大丈夫でしょう。
ストレスは万病の元ですね。
でも勝手に溜まるものなので困ります…。

こちらこそ、いつもイワキで明るい笑顔の
リッチーに元気貰ってます。
ありがとうね。
ゆきよん
2011/08/18 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ドクターG。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる