ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS オーラ。

<<   作成日時 : 2009/11/15 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

その人の持ってるオーラって色々ですよね・・・。
優しいオーラの人も怖いオーラの人も。

なぜそんな話になるかというと…。
昨日今日とテニスの試合があって、
私は昨日出場してきましたが、
試合になると実力が当然
発揮されるのですが、勝とうという気持ちとか、
いろんな物がその人のオーラとなって
相手を威嚇することもある…というような
話に打ち上げでなったのでタイトルにしてみました。

相手がサーブをミスして、「ダブルフォールトする
確率」が高い人の話ですが、その方曰く
サーブを受けるときに「サーブミスをしろ!」と
思って受けているし、それ以外考えていないと…。

私なんかは、相手のサーブが入ることを前提として
「自分がリターンミスをしないようにしよう」という
ことばかり考えています。

みんなはどういう風に思ってサーブを受けるんだろう?
ってちょっと統計を取ってみたい気もします。

積極策と消極策・・・
攻める気と守る気…

人(性格)がいいから試合に勝てない…などと
いつも言い訳にしていたりしますが(笑)
相手がミスをすることを念じるとか
勝ちに行く気持ちというのが強くなければ
なかなか勝てないのかな〜なんて思ったりします。

ちょっと、次の試合で念じてみようかな…?!

--------------------------------------

<先週を振り返って>

珍しくテニスをしない日が4日続きました…。
これって普通の人には変な話ですね(3日もやってるやん)
私普通じゃないので、4日も空くと逆に
体のあちこちが痛くなったりします。

左足の付け根が痛くて変だったんですが、テニスをやったら
治りました。もはや身体を動かすことが
当たり前になっているようです。

月曜日、特に何も予定無く在宅。
火曜日、イワキのレッスンを入れていましたが雨で中止。
水曜日、特に何も予定無く在宅。
木曜日11/12、
コブクロ「CALINGツアー」関西ファイナルに
大阪城ホールへ行ってきました。

ツアー2回目なので、セットリストは前と同じ。
一曲のみ当日決まった曲で
「夢唄」がこの日の選曲でした。
     
ツアーも終盤、関西ファイナルの大阪公演ラストで
コブクロの二人のテンションも初めから上がりっぱなし。

2曲目の「虹」ですでに小渕君はうるうるしてるし。

この日もめっちゃ癒されました〜。

金曜日11/13、イワキのレッスン
8時間目(21時から22時半まで)
この前の祝勝会で若手イケメンのTakコーチ
に一度レッスン受けますと言ってたので、
初めてTakコーチのレッスンに参加しました。

また他のコーチと違う説明で
アプローチショットもどれがいいのか
よく分からなくなりましたが
なんとかこなしました。

土曜日11/14
大阪市初心者大会(長居庭球場)の試合。
初めて出場のそらままさんと組んだのですが、
進行が大幅に遅れ、予定時間から3時間半
待たされました。

結果は2戦2敗。

繋ぐことはかなり出来るようになりましたが、
やはりここでも決め球が無い。
試合に出れば出るほど課題が増えていきます。

日曜日11/15
イワキでレギュラーのレッスン。
その後長居へ応援に。
前日あまりにも進行が遅れたので
1セットマッチの試合が5ゲーム先取というルールに
変更になっていました。

ヨッシー&レッドペアは予選リーグを余裕で通過。
決勝トーナメントではくじによりいきなり順決勝戦。

結果は4−5で惜しくも最後のゲームは負けて
終了してしまいましたが互角の戦いでレベルの高い試合でした。

レッド&ヨッシーペアと家の近くで打ち上げをしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
怖いオーラの持ち主です。
おっしゃるとおり、相手サーブの時だけでなく、こちらが仕掛けた球の返球、こちらがあげてしまった相手へのチャンスボール、この3つの場合は、相手に対し、眼力と心力で「ミスしろ、ミスしろ」と呪ってます。念ずるなんてレベルではありません。呪いです。
攻めないと点入んないし、守りも大切やけど、どこかで攻めに転じないとアカンし。攻めることしか考えてません。付け入る隙ができたら即攻め!
でも、ダブルスの場合は、ダブルで攻めなアカンのです。これ1人で攻めてたら、相手は2人なんやから、攻めの効果半減ですやん。逆に守りの場合も、ダブルで守らず1人で守ってたら、守りの効果半減ですやん。まだまだ短いテニス歴の自分ですが、こういう攻め/守りの呼吸が合うと、勝っても負けても、違和感のないゲームができると思うんです。
普段は、優しいんやで、ワシ。
怖いオーラの人
2009/11/17 11:10
>怖いオーラの人…。(笑)
そうか…。私には全く攻める気持ちがない事が分かったわ〜。(^_^;)
呪い…。それくらいの勢いでいかなあかんのね。
>普段は優しいんやで、ワシ。
そうやね。優しさと厳しさは必要やね。女性には気になる人にピンポイントで優しくしないと、そんな気無い人から惚れられてしまうで…。(笑)
ゆきよん
2009/11/17 12:51
あとひとつ。
呪いが通じず、相手のサービスが入ってくることも勿論あります。呪うことだけをしてるわけとちゃうし〜。
相手がどんなサーブ、コース、球種、速さを打ってこようが、ここに返すねんっ!と決めています。相手前衛がポーチ好きのことも考えて、ダウンザラインも予備として。こちらのリターンも、球種や速さはどんなんであれ、ここに返す、ぜってぇ返す、と念じて、ボールの着地地点をイメージしながら、相手のサービスボールアップ、ラケットワークを呪いながら見つめて、サービスを打ってくるのを待ってます。
文字に書いたら、複雑怪奇やわぁ。
でも、優しいねんで、ワシ。
優しいオーラの人
2009/11/17 13:17
優しいオーラの人…。
何も考えず来たボール返してるだけじゃ勝てないわよね…。
やっぱりまだまだやなあ〜。頑張ります。
>でも、優しいねんで、ワシ。
そうやんな。私がローボレーミスしまくっても「ドンマイ」って言ってくれるもんな。ミックス組んだらミス3回ぐらいまで?(((笑)))
ゆきよん
2009/11/17 17:37
ゆきよんさん、おはようさんです。
テニスコートでは「呪い」が一杯のようですね。怖〜っ。試合をする日の朝は御釈迦さん、キリストはん、アラーはん、オーディンはん、その他ありとあらゆる神さん、仏さんに呪縛にかからへんように拝んでください。
ゆうさん
2009/11/19 08:18
ゆうさん。
テニスって、人の嫌がるところに返球してミスを誘って得点して行くスポーツです。
根性座ってないと勝てないのです・・・。
ゆきよん
2009/11/20 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

オーラ。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる