ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 攻める時と守る時。

<<   作成日時 : 2009/10/14 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日12日(祝)の体育の日、鶴見緑地庭球場で
行われた市民スポーツの祭典(テニスの部)の
試合にエントリーしていたので、出場してきました。

Lmamaのピンチヒッターanegoちゃんと組んで出ました。
anegoと試合に出るのは初めてで、
私は走らない・取らないテニス…なので
たぶんやりにくかったのではないかなあ〜。

先日のサークル対抗戦でも、全然勝てなかったので
どうかなあ〜と思いながらトーナメントに挑みました。

1回負けたら終わりなので、がんばらないと…と
気持ちはあったのですが、二人とも自分でミスをして
全く身体は動いてません。

相手はanegoちゃんの知り合いで、強打するわけではないけど
試合には勝つ堅実なペア。
自滅であっという間に0−4。

1セットマッチなので6ゲーム取った方が勝ちなんですが、
このままずるずるラブゲームか…?やばい!と
開き直ってようやく調子が出てきました。

anegoのボレーも良いコースに決まって、
2ゲーム取り返しました。
次のゲームもこの調子で…と頑張りましたが
1ゲーム落として2−5。
最後のゲーム、ジュースまで行きましたが、
あと1ポイントが取れずTHE END。

コート脇で午前中に試合に出ていた
吹田のフェデラー氏とその相方が観ていて、
試合後、「途中からこちらに勢いがあったし、
もう1ゲーム取れていたら勝っていたかも
しれない」と言ってくれました。

確かに、途中からはいけてる感触が
あったのですが、やはりそこで肝心なポイントが
取れないところに自分達の未熟さが出ているなあ
と、あとで反省会しました。

あっというまに試合が終わったので、
知り合いの試合を見学していました。

負けてしまった人のために、ミズノのテニス教室が
あり、せっかくなので二人で参加しました。
参加者の中には知り合いの顔もちらほら…。

最初にアプローチからフォアボレー、バックボレー、スマッシュ
の球出し練習。
ここでボレーの解説。ボレーをするとき、勢いの強い球で
決めようとしがちですが、余裕を持って打つことなどを
説明されました。余裕があれば、コースも狙えるし、
ドロップボレーも入れてみたりすることもできる…。
コーチいわく、バシバシ打つだけは子供のテニス、
余裕のある「大人のボレー」をしましょう!ということでした。

次にサーブ練習。コースを打ち分ける為に
試してみましょう…と、まずいつもサーブを打つ立ち位置で
打つときの足の向きで構えて、目をつむって左手で
打つコースを指差してみる。

目を開けてみると、指差している方向が打つ方向と
ずれていたりする。
ずれているということは、自分がイメージした方向が
正しい方向でないことが分かる。
正しい位置に指を差して方向を修正する。

それからボールだけを観て、打ってみると上手くコースに
打つことが出来る。これを空間認識とかいうらしいけど、
前にフィーリングテニスのオンコートで講座を受けたときも
これをやらされた。
このイメージの修正を行うと、不思議にボールは
狙ったコースに飛んで行き、コーンが立ててあれば
それに当てる確立も確実に上がる。

そういえば、その時も「毎回サーブ練習の時に
これをやったら確率上がるからやってくださいね」
と言われたのに、忘れていた...。
anegoちゃんも、確率が上がっていたし、
サークルに取り入れようか…と言っていました。

あとは、サーブの時の足の使い方、
蹴ってサーブする人も、打ち終わったときに
体のバランスが崩れないように、
左足でしっかり着地する、両足を着いたまま
サーブをする人もぐらぐらしないで打ち終わったら
すぐに次の動作へ移れるように安定感を
持たせることなど、詳しく教えてもらいました。

次にチャンピオンゲームをしたのですが、
ゲームの前に、試合をするときの
考え方、打ち方の強弱など解説してもらった。

平行陣になって、こちらが攻めているとき、
前にいるので強い球で決めたくなるが、
攻めているときはゆっくりでいいので確実に返す。
雁行陣で守っているときは逆にしっかりとした球を
打つ。コースを狙いたくなるけど、気持ちが守りに
入っているときに狙ってもミスをするだけ、
下手にコースを狙ってやろうなんて思わずに、
しっかりとした球を返すこと…。

これが逆になっている人が多いので、
試合になるとミスが増えて負けてしまうとのことでした。
守ってるときは強い球、攻めているときは逆に
そんなに強い球でなくてよい…ということでした。
確かに…前に出てボレーをするとき、
強く打ってしまいネットミス、
後ろでストロークしている時、守りに入っているとき、
気持ちが守りに入っているからミスしないように
ゆるい球でコートに入れに行く…というパターン、
よくありますね・・・。

このことを理解してゲーム中も、いつ攻めるのか、
守るのか、それぞれの手段はどうするのか、
意識しておくだけでも戦い方が変わってくる…と
言うことでした。

2時間ほどのレッスンでしたが、分かりやすい
コーチングでした。
試合は負けてすぐに終わってしまいましたが
このレッスンは価値がありました。

レッスン後、私は一度家に帰ってanegoと
待ち合わせ、養老の滝へ。
Lpapaも合流し、一緒に飲みました。
そういえばこの3人、合宿でも
3次会までやった3人やわ…。
またいろんな話で盛り上がりました。


----------------------------------

今日は休み明け・・・だということも忘れて
イワキの受け放題のレッスンを入れてしまいました。

19:20〜のレッスンを受けてきました。
今期はアプローチがテーマですが、
アプローチショットもコーチによって、
いろいろな説明があります。
いろんなコーチの説明を聞いて、
総合的に判断するといいのかなあ〜と思います。

今期頑張ってアプローチショットが
上手くできるようにがんばります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆきよんさん、お早うさんです。
テニス、テニス、テニス、居酒屋の日ですね。僕も昔はラグビー、ラグビー、居酒屋、居酒屋、居酒屋、居酒屋やったこともあるなぁと懐かしい気分と羨ましさが混じっています。今の僕は、ハイキング、点訳、点訳、点訳、ラグビー観戦、落語になりました。
ゆうさん
URL
2009/10/14 05:38
ゆうさん。
養老の滝のあと、鴫野の「六区」に行きました。「らぐ」が前と変わっているので、居酒屋はここだけになったようです。
ゆうさんは禁酒続行してるのですか?運動の後のお酒は最高です。
ゆきよん
2009/10/14 12:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

攻める時と守る時。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる