ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 不屈の者たちへ。

<<   作成日時 : 2009/08/19 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日22時からNHKで放送していた
元近鉄投手の盛田幸妃さんの
ドキュメンタリー番組を見ました。

盛田さんは近鉄在籍時、脳腫瘍がみつかり、手術。
リハビリの後、約1年で奇跡の復活。
5年間近鉄に在籍、2001年の優勝時も
在籍していてカムバック賞も貰っています。

この話は有名ですが、あれから10年、
野球解説者として活躍中の盛田さんですが、
あの復活後も脳腫瘍が再発、二度目の手術、
再発、3度目の手術…。

「人生を50歳ぐらいまでのスパンで考えてください」
と医師から告げられて、現在も3ヶ月に一度の
検査を受けているという。

奇跡の復活劇…、この話は美談として
世間には受け止められていますが、
その後も病気と闘い続けていることを
知る人は少ないと思います。

いつ再発するかという恐怖と向き合い、
何度襲われても
また気持ちを切り替えて病気と闘う。

今生きていることの意味は、元気な人より
ずっと重く有意義で、何事にも
負けない強い気持ち、一生懸命という言葉を
実践されています。

地元北海道で、「盛田幸妃杯」という少年野球の大会を
開催したり、野球の指導をされていて、
子供達に向けて、
「エラーしても、三振しても、楽しく元気にやろう」
といわれているのを聞いて、この言葉の重みが
ひしひしと伝わってきました。
この言葉の中にすべて現れている、
「失敗しても、野球が出来るという
幸せがみんなにはあるんだよ…。」
そう伝えたいのではないでしょうか。

病気を経験したり、持っていることで
人生に対する考え方が変わったりすることは
よくあるかもしれない。
元気な時は見えなかったことが見えてきます。

健康でいられる幸せ。
ある程度年齢を重ねると色々な機能が衰えたり
病気を抱えたりしますよね。
でも、気持ちだけは負けない強さを
失わないでいたいものです。

私も持病を持つようになってしまいましたが、
気持ちは明るくいつも元気に笑っていたいと思っています。

20代でこの病気に襲われた盛田投手、
復活の年、1999年10月17日藤井寺球場で
一軍の試合で投げた10球。

「普通は、これで花道を作ってもらって引退…となる
のが普通だと思うが、近鉄という球団は
それからも契約を続けてくれて、優勝までできた、
今はなくなってしまったけれども良い球団だったと思う…」
と語っていたのを聞いて、やっぱり近鉄という球団が
あったこと、いろんな伝説を残してくれた球団は他に無く、
これからも二度と出てこないんだろうな…。

久しぶりに近鉄のユニフォームとか、
選手の映像を見て、
なんか、色々思い出して切なくなりました。

-------------------------------------------

         ☆Tennis☆

今日は城東SCでサークル練習があったので参加しました。

ゲームをやりましたが、集中してミスを少なくするように
丁寧を心がけましたが、やっぱりとんでもないミスもしました。

ショットの精度が低いのが原因かと思います。
もうすぐ試合もあるし、
更に精度を上げるよう頑張りたいと思います。

とにかく、「球から目を離すな!」と心がけているのですが
やっぱりちゃんとボールを観ていない、すぐ目が離れる
という状態。ボールを見ていないときは、身体が開いて、
ちゃんとしたフォームで打てていません。

いろいろなことを考えたらよけいに無茶苦茶になるので、
シンプルに、フォアならちゃんと左手を添えて
身体をひねるということを
意識したら、ちゃんとボールも観えるし綺麗に良い球が打てます。
これをいつも出来るように徹底しなければ...。

徹底する為にはサークルでのゲーム練習をする前に
ショットの練習が必要なのですが、サークルでは
人数の関係もあり、充分ではありません。
スクールで打てる球数も少なくて覚えこむには不十分。

私って練習好きの試合下手なので、
ゲーム形式の練習もいいのですが、
単純に打ち合う…というのも好き。
サーフィン・スキー・水泳という好きなスポーツに共通する
単純動作の繰り返し、けっこう好きなんですよね…心地良いので。
誰か、ラリー練習付き合ってくれへんかな。

前に、Lmamaとショット練習のみをサークルと別枠でやろうと
したのですが、結局集まった人がゲーム好きのメンバー
でいつものサークルと変わらないパターンになってしまいました。

また、趣旨を徹底した別枠で反復練習したいなあと思います。
頑張ってコート取ろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆきよんさん、お早うさんです。
近鉄と言う球団は選手に対して非常に冷たい球団だったと思いますが、森田選手にはエライ優しかったんですね。そのやさしさを石井選手や野茂選手に見せて欲しかったです。彼らは子飼いですのにね。
ゆうさん
2009/08/20 08:17
ゆうさん。
そうですね。近鉄は選手を切り捨てるのが常でしたね。最後は球団自体を消滅させてしまいました…。(涙)
ゆきよん
2009/08/20 10:40
私はべたな阪神ファンですが、近年のテンションはもうユルユルです。

タイガースでは「奇跡の復活劇…」的な話は
なさそうですが、私の中の「奇跡の…」は、
江夏が11回、自らのサヨナラホームランで終わらせた、ノーヒットノーランの試合です。

球団が無くなったのは寂しい限りで何もいえませんが、阪神も、最近中心選手が生え抜きでないのは寂しーです。


反復練習、けっこう好きですヨ!
声かけてください。
よっしー(いつのまにかもどってる?)
2009/08/20 18:25
よっしーさん。
赤川ではカツーン?でも、
このブログではヨッシーです。

阪神ファン、ですよね。たいていは…。
近鉄ファンはコアな人が多いので、
大阪=阪神に抵抗があり、近鉄一筋です。
私はそんなに昔からのファンと言う訳では
ないんですが、どっぷりハマッテしまいました。
それだけ、いろんなドラマがある
魅力的な球団でした。

テニス、反復連習好きな人、
何人か連絡が来ました。
ぜひ、ショット確認連習しましょう。
ゆきよん
2009/08/20 23:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

不屈の者たちへ。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる