ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS NANO-MUGEN FES 2009。

<<   作成日時 : 2009/07/23 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月20日(祝)に横浜アリーナで開催された
ASIAN KUNG-FU GENERATION主催の
NANO-MUGEN FES 2009に行って来ました。

朝7時ごろ新幹線に乗り、新横浜に10時前に到着。

開場は10時半でしたが、すでに開場を待つ行列が
出来ていました。
画像


横浜アリーナのキャラクター「よこありくん」
画像


19・20日の2日間開催ですが、20日はスピッツ・
ユニコーンが出演するのでその日のチケットを取りました。

19日に比べてお客さんの年齢層が少し高め、
上記2バンドのファンが年齢層を引き上げている…たぶん。

洋楽・邦楽を含め9バンドがそれぞれ持ち曲6〜7曲?
やってくれました。

出演順ごとに邦楽のみ感想を書いてみます。

FARRAH (洋)

サカナクション (邦)
未だ新人バンドと言いながら、その完成度はすばらしかった。
電子音のダンスミュージックとゴスペル的なコーラス、
それプラスロック!っていう感じ。
ちょっとはまりそうな気がする。

Nada Surf (洋)

THE YOUNG PUNX! (洋)

ユニコーン (邦)
ユニコーンの全盛期はあまり知らないので
コアなファンの人のようには
ノレなかったけど、奥田民生さんはやっぱりすごい
オーラがある気がする。

Ben Folds (洋)

スピッツ (邦)
開場はオールスタンディングのアリーナとスタンド席の
行き来が自由で、疲れたらスタンド、ノリたい・歌いたい・暴れたい
時はアリーナへ。
私は基本スタンド席で、スピッツの時だけ、
唯一アリーナへ降りていった。
選曲的には、普段のライブであまりやらない曲もあって、
始まりから「こう来たか!」という感じでしたが
チェリーとか、スパイダーとかおなじみの曲で
ほっとしたり、マサムネ氏のゆるゆるな感じは
いつもと変わらず良かった〜。
あっという間の8曲でした。

<セットリスト>


放浪カモメはどこまでも
チェリー
スパイダー
ガーベラ
8823
俺のすべて
僕のギター

Hard-Fi (洋)

ASIAN KUNG−FU GENERATION (邦)
直前に来日キャンセルになったバンドがあったため、
アジカンの持ち時間が増えて、全17曲。
充分ワンマンライブぐらいのたっぷりさで大満足!

<セットリスト>
夜のコール
稲村ヶ崎ジェーン
リライト
羅針盤
絵画教室
夏の日、残像
藤沢ルーザー
遥か彼方
暗号のワルツ
惑星
Re:Re:
アンダースタンド
君という花
転がる岩、君に朝が降る

(アンコール)

ループ&ループ
ワールドワールドワールド
新しい世界

スタンドもアリーナも一体となって、全曲ノリっぱなし。
アジカンほど踊って歌って盛り上がるバンドも
他にはない…。確実にすべてのものを吐き出せる感じが
たまらないっ!!ほんとに…横浜まで行った甲斐があったわ。
ますますアジカンにはまっていくと思う。

ライブの途中で飲食ブースで佐世保バーガー食べたりして
けっこう満腹。ライブグッズも買って満足。

ライブの模様はこちらをご覧ください。
→ 
ライブ終了後、新横浜からJRで横浜→
みなとみらい線で馬車道→「ホテルルートイン馬車道」
と移動。

ビジネスホテルは未だ新しい感じで綺麗でした。
上階には大浴場があり、深夜まで入れるのが嬉しい。
翌朝の朝食も昨年から無料サービスだったので
ネットで取った格安出張パックで食事なしプランだったのに
朝食無料は嬉しかった。

チェックインしてから急いでレンガ倉庫のライトアップを観にいった。
画像

画像


大浴場で入浴後就寝。

横浜一人旅・1日目終了。つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

NANO-MUGEN FES 2009。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる