ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報。

<<   作成日時 : 2008/12/03 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

怪我をしたことで知った情報がいろいろあります。

救急車を呼んでも病院が受け入れ拒否を
したというニュースは最近特に顕著に増えていますが、
妊産婦だけでなく、新生児の受け入れさえも
拒否され死亡しています。

私も今回怪我をした時、病院で診てもらうまで
何回かの段階を経てやっと診てもらえたので
実感として医療システムについて考えさせられました。

怪我をした瞬間、どうしようか迷ったのですが、
まず自分で近くの病院を探しました。
梅田のど真ん中の横断歩道で転倒したのですが、
都会の真ん中でも病院はどこなのかさっぱりわかりません。

とりあえず、アクティーに「総合クリニック」の看板が目に付いたので
行ってみましたが、あいにく土曜の午後だったので
すでに診療時間は過ぎていて…。

大丸のインフォメーションで近くに病院がないか
聞くと、「大阪府救急医療情報センター」の電話番号を
教えてくれたので電話をしてみました。

しかし、「混み合っているので時間を置いて
おかけ直しください」という…。
救急の意味がないです。

しかたなくタクシーに乗り、近くに救急病院がないか
運転手さんに聞いてみましたが分からない様子で。
自宅近くの救急病院へ行ってもらいましたが、
警備の人が対応していて、
「整形の先生がいないので診れない」といわれ、
ここでは「大阪市救急救急情報サービス」の
電話番号を教えてくれましたが、これも自分で
電話しなくてはなりません。

片手がふさがった状態で電話をして
紹介される病院の電話番号をメモる…
という困難な状況がありました。

今回は電話の最中に病院の人が救急の整形外科の
リストを持ってきてくれたので、電話の照会先と
同じだったので結局そこから選んで
今回受診した病院へ電話で受け入れてくれるか
確認し、そこから又タクシーで病院へ行きました。

病院へ向かうタクシーの中、運転手さんに事情説明していると、
「さっきの○○病院は、よく受け入れ断りますよ。
そんな話、よく聞きますわ。医者が居っても居留守使うの
違いますか…」と…。

ようやく受診できましたが、この間約40分〜50分
かかったのではないかなあ。

自分で動けるからこんな感じになりましたが、
救急車を呼んだらどうだったかはよく分かりません。

いつ何が起こるか分からないので、
とりあえず、救急の電話載せておきます。
皆さんの携帯に入れておいたら
何かの役に立つかもしれません。

大阪市救急情報サービス  06−6543−9999
大阪府救急医療情報センター 06−6761−1199

骨折したことで、家のことは何とかなるとして、
私の仕事は両手を使う作業なので、しばらくは
休まないと仕方ありません。

収入がなくなるのでどうしようかなあと思っているのですが、
健康保険の方から傷病手当が出るようなので
申請すれば少しは戻ってくるのかなあ…というところです。

--------------------------------------

         ☆Tennis☆


テニス実践はお休みなので、ちょっと理論的なこと
書いていこうかと思います。

民間のスクールで、今期はバックハンドストロークを
重点項目としてやっていましたが、
大体注意されることとしては、

早く引いて準備する。
肩を入れる。
一番打ちやすい位置に早く入る。
インパクトの瞬間までしっかり見る。
フォロースルーを大きく。
膝をやわらかく。
体重移動を意識して。
バックライン辺りまで届くような球を打って。

こんな感じなのですが、
上手くいく時と、ちょっとしたタイミングが
ずれているのか、一つのことに意識が行くと
他を忘れて出来ていないということになる。

私はボールとの距離感が上手くつかめないことが多く、
近づき過ぎてミスショットしてしまう。

手出しの球でもなかなかなので、ラリーになると
なおさら。

とりあえずは球を最後までよく観ることから
だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
怪我でテニスできないのに、テニスのことを考えてるんですね。えらいなあ。
僕やったら、つらくて仕方ないので極力テニスのことを考えないようにすると思うわ。
ならやん
2008/12/03 21:06
ゆきよんさん、お早うさんです。
使うことがないほうがエエけど、とりあえず電話番号を携帯に入れておきますわ。おおきに。
最近医療事故などの裁判が増えてきているので、医者は救急→重症→治癒しない→裁判と結びつけて、救急を避けてる様な気がしています。考え過ぎかな?
ゆうさん
URL
2008/12/04 08:49
ならやん。
テニス好きですから。

ゆうさん。
この電話を使うことがない方が
いいですが、誰かの役に立つことが
あるかもしれないし、私も携帯に
入れました。
ゆきよん
2008/12/04 21:49
10リットルまでの水しか入らないバケツには、11リットルの水は入りきれません。

1リットルの水がこぼれてしまった事で、周囲の人間が「なんだこのクソバケツ!」と足蹴にしたら、

バケツが凹んで、10リットル入れられたはずの物が、9リットルまでしか入らなくなりました。

…っていうのが、今の日本の医療崩壊(ていうか、マスコミによる医療破壊)の現状。

教訓とかそういう以前の問題。

…。
……。
………。

…マスコミの医療破壊は大成功ですね。
http://punigo.jugem.jp/?eid=495
http://punigo.jugem.jp/?eid=491
都筑てんが
URL
2008/12/15 14:17
都筑てんがさん。
医療問題難しいですね。
患者側の立場と医療機関の現状…
システム自体、根本から
立て直さないとね…。
ゆきよん
2008/12/15 22:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

情報。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる