ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 相性。

<<   作成日時 : 2008/11/16 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、昨日私が出場した長居公園初心者大会
2日目にサークルの男子一組が出場しました。

今回はラケットマン・Lpapaの寅年コンビ。

朝から小雨が降っていたので、中止かと思いましたが
大会本部に9時半ごろに電話を入れると、
朝からやっていますが今一時中断していますとのこと。
二人にメール連絡しました。

寅年コンビは午後からの試合だったので
お昼には雨が止んで試合は予定通り出場できる
ことができるのでほっとしました。

私はお昼に友人とランチに出かけていたので
試合経過はメールで知らせてもらいました。

試合結果はなんと、予選リーグで2勝1敗、
ゲーム獲得数で1位通過となり、決勝トーナメントに
進出しました。

トーナメントでは残念ながら敗退でしたが、
グループリーグ・ベスト4は、
サークルメンバー初の快挙です。

やはり同い年で気が合うのか、
ラケットマンのほんわかとした性格だからか
試合に向けてのペア練習時から
上手くお互い邪魔しあわない、
決めるべき時に決める、という
ペアの動きが合っていたので
Lpapaは「行けるで」と好感触で試合に
臨んだようです。
勝てる感じがしたとおり、
今日の試合結果となりました。

ダブルスというのは不思議なスポーツで、
二人が試合に出れるそこそこ上手いレベルでも、
勝てるかどうかは分からないので難しいです。

上手い下手とは関係ないコンビネーション力が
必要で、相手を信頼する気持ちが
とても大事だと思います。

自分が出すぎても、消極的過ぎても
上手くいきませんし、「ここはペアに任せた!」
「ここは私が決める!」というのが
噛み合わないと、試合相手に負けるというより
ペアにイライラして自滅してしまうこともあります。

とくにレベルが高くなるほど、自分に自信が
ある人が「俺が・・・俺が・・・」と出すぎてミスするとか、
たまたま決めることができても、
それがペアがとるべき球だった場合
「それは俺の取るボールやん」と
なったりします。
そうなると面白くないもんね〜。

まあ私はまだそんなレベルではないので
昨日の試合でも返すのが必死で
フレームショットはするし、チャンスボールは
ミスるし、ペアにはイライラさせたなあと
反省!する点がいっぱいあるので
相手を選ぶなんてことはおこがましいし、
誰と出ても組んでくれてありがとうなんですが。

とにかくダブルスは難しいですね。
でも、それだけに勝てた時は喜びも大きいし
二人の絆は深まるのですが。

外国では圧倒的にシングルの試合が多いし
テニスといえばシングルスで、テニスコートで
練習しているのも1対1で・・・というのが普通です。

日本の場合は、圧倒的にダブルス。
試合も練習も。
これはコート数の問題が大きいと言われていますが、
個人主義の欧米に比べて
みんなで・・・相手との協調をはかって・・・
周りの人と協力して…相手の気持ちになって・・・とか
そういう国民性が影響しているとも言えるのでは
ないでしょうか。

ゲームは楽しい。勝つともっと楽しい。
そのためにはいろいろな要素が必要ですね。

試合に出るとセルフジャッジなので
せこいジャッジをする人もいます。
マナーもルールもちゃんと相手のことを
考えた上で楽しまなくっちゃ、
勝負にこだわりすぎてそれを忘れたら
勝っても価値のないものになってしまう。

紳士・淑女のスポーツ!
いろんな人と交流して楽しいテニスライフを送りたいと
思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

相性。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる