ゆきよんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS KOBUKURO LIVE TOUR ‘07 “蕾”。

<<   作成日時 : 2007/06/27 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

NISSAN cube Presents コブクロライブツアー‘07 “蕾”
大阪公演は6DAY’S大阪城ホールでやるのですが、
その2日目に行って来ました。
画像


前の職場の女の子と仕事帰りに待ち合わせて
いざ城ホールの中へ。
今回の席はスタンドのHブロックの最上段だったので
ちょうどステージの真横あたり。
前回はアリーナだったのでちょっと物足りない
感じがしたけど、チケットとるのも大変になってきたので
贅沢は言ってられません。

今回のライブの中身は新曲が5曲以上
披露され、懐かしい曲ももちろんありました。
憶えているだけ書いてみると、
・どんな空でも←確かこんなタイトル(新曲)
・轍
・君という名の翼
・君色(新曲)
・桜
・赤い糸
・コイン(新曲)
・水面の蝶(新曲)
・ここにしか咲かない花
・ホワイトデイズ(新曲)
・夢歌
・蕾
ここから数曲ノリのいい曲が続いたけど
タイトルは忘れました。
いつものアンコール合唱の後再び登場して
・ダイアリー(新曲)

こんな感じだったと思います。
初日に張り切りすぎたのか、黒田君の声は
最初から涸れていました。
高音がちょっと辛そう。
でもしっかり歌いきりました。
あと4日もあるのに大丈夫かしら?と思いながらも
いつまでも声を聞いていたい気分です。

黒田君派か小渕君派かと聞かれたら
私は速攻「黒田君!」と答えます。
何か私は歌が上手くて声の美しい男の
人が好きみたいです。
顔より声!かも知れない。(失礼っ!!)
過去を振り返っても好きになった人は「ええ声〜」
の持ち主で電話で話しても「あ〜、ずっと聞いていたい
いい声やなあ〜」って思ってた。ただ好きな人だからって
言うのではなく歌っても上手かったり。
ま、それはともかく…
黒田君はプラスめっちゃ面白いし。
笑いの壺がよく判ってるよなあ。
MCの黒田家の家族話(おとんとおかん話)が
最高に面白かった。黒田君のキャラは
そんな家庭ではぐくまれたものなんだと
確信しました。(笑)

コブクロの曲はほとんどが小渕君の作詞作曲ですが、
今回のタイトルである「蕾」の作詞ももちろん小渕君なんですが、
リリーフランキーさんの「東京タワー」の曲ってことで
最初その内容に合わせて作詞されたんだけど、
黒田君からダメだしされて、お母さんを亡くされている
「小渕君自身のことを書け」と作り直されたそうです。
真実から出来た曲だからよけいに心に沁みますね…。

それにしてもこんなに沢山の曲があっても、
どれもとても伝わってくるものがあるし、
感動します。すごい才能を持った二人だと思うし、
こんなにたくさんの人の心を癒すって、
きっとコブクロはそういう役割を果たす為に
神様に音楽の才能を与えられたんだろうなあと
よく思います。

私の役割って何やろうなあ?
何か誰かのために役に立ってるんだろうか。
特に秀でたものもないしなあ。

コブクロに癒してもらったので
又元気に人に笑顔を贈ろう。
それぐらいしかないもんな。

---------------------------------------
       ☆Tennis☆

ウィンブルドンが始まってますが、夜中は
起きていられないのでもう少し進んでから
観ることにしよう。ビデオにとるのも
面倒だしなあ…ていうかめっちゃ最近しんどいので
気力がないのだ…

とりあえずおとなしくあと1ヶ月ほどは
おとなしくしておきましょう。
ブログもボチボチね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ええ声の人は、よろしいなあ。
僕は典型的なアヒル声で、高校の部活の監督に付けられた名前が「ダッグ・浜口」。
そのおかげで、体育の先生方や他の部活の子に名前を覚えてもらえて、いろいろトクしました。
ならやま
2007/06/29 10:08
ゆきよんさん、ならやまさん、お早うさんです。
コブクロって変な名前ですね。牛の子宮を連想してしまいますわ。黒田の相方は相原やんかと思っているおっさんにはさっぱり解りまへん。

超えの良し悪しではウチの近くの女の子は「竹の皮(ご存知ですなあ。昔肉を買うたら包んでくれよった奴)に小便(ションベンとお読みください)をかけたような声をしていました。
Linda
2007/06/30 07:19
ならやまさん。
アヒル声ですか。
トクしてよかったですね。

Lindaさん。
コブクロは小渕くんと黒田君
だからコブクロなんです。
単純で憶えやすいでしょ。
ゆきよん
2007/07/01 00:28

コメントする help

ニックネーム
本 文

KOBUKURO LIVE TOUR ‘07 “蕾”。 ゆきよんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる